読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胸に輝く星(1957)

 

小学校高学年の時以来、半世紀以上ぶりに観賞。

 93分、白黒

f:id:motolovelyboy:20161108225228j:plainf:id:motolovelyboy:20161108234821j:plain

賞金稼ぎ(元保安官)のH・フォンダ(1905~1982)が

新米保安官(A・パーキンス 1932~1992)を指導・教育して行く過程

が素直に描かれ、高評価したい西部劇。

フォンダと母子家庭の母・息子との関係も、アット・ホームでgood。

よろめき西部劇「シェーン」(1953)なんかより遥かにお気に入り西部劇

です。

意外な事に、E・バーンスタインと思えない控えめな音楽がむしろ映像主体

でとても良いですな。

TV版「胸に輝く銀の星」はフォンダ主演と思われがちだが、おしまいに

チョコッとゲスト・スター扱いだった記憶。

「サイコ」(1960)以降は「異常性」が売りだったパーキンス

「緑の館」(1959)同様にこの「胸に輝く星」でもまるで「借りて来た

コリー犬」みたいに優等生だ。

 

参考: 

緑の館(下のYouTubeの音楽は、映画と関係ありません、念の為)