読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メジャー / 55 Days At Peking (1963)

 

体重計とメジャーを買った。立派なメタボだから。

 

f:id:motolovelyboy:20160824102233j:plain

 

メジャーは123円。注文後、16日で届いた。

何と「北京」から!。

123円だと航空便代も出ないのに、、。

f:id:motolovelyboy:20160824213330j:plain

 

55日かかったのは「北京の55日」。

伊丹一三がチョイ役で出てたっけ。

今では北京市の公式サイトにおいてはBeijing

映画は160分と長すぎる。

現代なら「AT」でなく「IN」かな?。大都会になったから。

では、The Brothers Fourでどうぞ。
 

 ↑D・ティオムキンらしい曲調。と言うか毎回工夫がない。

 

 ↓好きなエンディング。

今でも覚えている。今はない名映画館「渋谷パンテオン」で観た。

「来るか?」といかにもヘストンらしい。

「ウン、オイチャン、行く」とばかり輝く孤児が素晴らしい。

こう言うシーンに弱い単純な僕でありますよ(笑)。

「赤い河」(1948)のいかついジョン・アイアランドもいいね。

 

3分12秒のところから「上」のYouTubeと同じきれいな映像が

あります。


 *24日までコメント返しが出来ないかも、ごめんなさい。