読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日経より / 東芝 ついでに Hour of the Gun (1967)

 

 何年か前に墓は買うべきか、と思い見学に行った。

案内してくれた営業さんは「あれが東芝の元社長の墓です」と

誇らしげに語った。生きているのに立派な墓だと感心した。

おおげさに言うと「ねぶた祭り」の屋台みたい(笑)。

ただ、引退しているとは言え「東芝を悪くした戦犯の一人」だ。

が、あえて黙っていた。

今では「セールス・トーク」で使ってないかな、彼。

 

 

ぼせき?、はかいし?、なら

いつもの飄々さをなくしたJ・ガーナーが素晴らしい、そしてルシアン・バラードの

カメラが冴える「墓石と決闘」[Hour of the Gun] (1967)。

f:id:motolovelyboy:20170331142726j:plain