読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソイレント・グリーン(1973) / 2022年、人口増加と食糧危機のニューヨーク、、、

 

人工合成食品ソイレント・グリーンの製造には政府の陰謀があった?。

 安楽死施設での老人(E・G・ロビンソン)の安楽死は下のYouTube

で4:00あたりから。このシーンはSFだが意外にも感動。

E・G・ロビンソンの臨終シーンでヘストンが涙しているのは、実際に

大先輩ロビンソンが癌の末期症状だと言うことを知っていたからのようだ。

撮影終了数日後にロビンソンは他界し、本作品が遺作となりました。

E・G・ロビンソン(1893~1973)とC・ヘストン(1924~2008)は

「十戒」(1956)で共演しています。

 

前出記事 十戒