許されざる者(1960)

 

オードリー・ヘプバーン唯一の西部劇。

1950年代にハリウッドで流行った俳優兼製作者の先駆け的な中心人物のバート・ランカスターが加わったヘクト・ヒル・ランカスター・プロ作品。

内容に疑問点が大ありだが、ヘプバーン・ランカスターによる恋愛ものと単純に捉えたい。

f:id:motolovelyboy:20170915030314j:plain

彼女は落馬して撮影は数週間中断。

 

 兄が帰ってくる。輝くオードリー。

f:id:motolovelyboy:20170915030352j:plain

 

兄・妹?なのに仲が良い。

f:id:motolovelyboy:20170915030426j:plain

 

しかし、実はインディアンの娘と噂が広まる。

f:id:motolovelyboy:20170915030616j:plain

 

「えっ、私、インディアンなの!?」と苦悩・葛藤するシーンが演出上足りない。

f:id:motolovelyboy:20170915030704j:plain

f:id:motolovelyboy:20170915031040j:plain

f:id:motolovelyboy:20170915030737j:plain

 

妹を返せとばかりインディアンの猛攻が始まる。

おや!。家族全滅寸前なのに(笑)。

f:id:motolovelyboy:20170915031433j:plain

 

妹よ!

f:id:motolovelyboy:20170915031234j:plain

f:id:motolovelyboy:20170915031317j:plain

f:id:motolovelyboy:20170915031358j:plain

 

 母親は殺されるも駆け付けた次男のおかげで家族は一つじゃなきゃ~、とガンの群れを見上げる。

f:id:motolovelyboy:20170915031712j:plain

f:id:motolovelyboy:20170915031746j:plain

 

このポスター、変だよ。「待って、行かないで」ととれる。

f:id:motolovelyboy:20170915034928j:plain

 

原題は

 The Unforgiven 

誰が?、何が?。

この作品の場合、後者(こと)だろう、、、。「許されない事」。

邦題だと、オードリー個人が「許されざる者」になってしまう、、、。