「昔のアメリカの名医二人のTVと映画」& 僕にとってここ数年のレベルの低い我が日本の医師

 

f:id:motolovelyboy:20171022035426j:plain

このブログで高アクセスの「ドクター・キルディア」の

リチャード・チェンバレン(1934~。185㎝)。

ハワイ移住の内科医役の連続TVは

 

参考に:ドクター・キルディア ゲスト・スターは何とアン・フランシス

 

 

f:id:motolovelyboy:20171022035451j:plain

今の人には絶対うけない真面目過ぎるくらい真面目でも高視聴率

だった「ベン・ケーシー」のビンセント・エドワーズ

(1928~1996。188㎝)による犯罪もの映画は

 

参考に:ベン・ケーシー

 

 一方

僕にとってここ数年のレベルの低い我が日本の医師

その1(個人病院)

膝の激痛を内科医に話したら

「体重ですよ」といとも簡単に言う。

他の科目に付いて余計な発言は禁物ですな!。

ある町の名医だと思っていたのに減点で以後行ってません。

 

結局は国立がん研究センター中央病院」で大手術。

 

僕にとってここ数年のレベルの低い我が日本の医師

その2(市立病院)

近所の最低最悪な

この近所の病院が僕の頚椎の手術を失敗して、首、肩、右手・右指が毎日

辛いです。

人の勧めもあり、市立病院で診てもらった。

いろんな検査をした結果

「痛みとシビレの原因解りました。私のやり方で治ると思う。

ただ以前、患者さんにその方法で手術したけど以前より悪くなったと恨まれているのです」と。

もうこうなるとこの医師、頭少しおかしい。この病院で診てもらった方が世の為、人の為、そして本人の為だ思いました。いやはや爆笑もんだね。

 

お詫び

今までYouTubeのカテゴリーを作っていませんでした。

これから初めに戻り作ると大変な作業になります。

お許し頂き「音楽」「映画」「一般」などにさせて下さい。