薬剤師のエピソードがある素晴らしい映画 「素晴らしき哉、人生!」(1946)

↓ロイド・シアターより

http://loyd-theater.com/movie-collect-3/young/young.html#60

f:id:motolovelyboy:20151017164400j:plain

↓北米版

f:id:motolovelyboy:20151017164611j:plain

ほんの一部を紹介する。

ジョージ少年は父親譲りで「立派」だ。

池に落ちた弟も救う。

f:id:motolovelyboy:20151017164635j:plain

f:id:motolovelyboy:20151017164719j:plain

 

イケメンだし優しいからオンナノコにも人気がある。

f:id:motolovelyboy:20151017164759j:plain

 

アルバイト先では調剤した「薬」を患者に配達している。

f:id:motolovelyboy:20151017164841j:plain

 

POISON!!!

f:id:motolovelyboy:20151017164924j:plain

 

なかなか届かないので患者の家から苦情が来る。

届けない理由を「薬剤師」に説明する。

f:id:motolovelyboy:20151017165003j:plain

f:id:motolovelyboy:20151017165047j:plain

f:id:motolovelyboy:20151017165142j:plain

f:id:motolovelyboy:20151017165229j:plain

 

つまり「薬剤師」には電報が届いていたのです。

f:id:motolovelyboy:20151017165552j:plain

 

まさに「命の恩人 ジョージ少年」と薬剤師は少年を抱きしめる。

 

最近では人工的にカラー化したDVDがあるようです。オリジナルは白黒。

最近のハリウッドものと違い、ファックとかサナバビッチなどの下劣なセリフは

ありませんゾー。

 

追記① 10/17/21:10

カラー版がYouTubeにありました。


追記②

エンディングは音楽担当のディミトリ・ティオムキン「第九」にしたかったところ、監督のキャプラが「蛍の光」にしました。このことから二人は二度と仕事をすることはなかったようです。しかしながら、これはキャプラに軍配をあげたい。

 

 

 

前出記事

http://motolovelyboy.hatenadiary.com/entry/2015/09/20/123000